マガジンのカバー画像

チーム

42
ビザスクのチームを紹介
運営しているクリエイター

記事一覧

ビアスクエア3周年! 〜きっかけとなる“広場“を目指して〜

2022年8月1日。 ビザスクエアは3周年を迎えました!編集長(3年経っても名乗るのがこそばゆい)の小川です。 オープン社内報としてスタートした「ビザスクエア」も3周年!よ! そこで今回は、これまでを振り返りながら、改めてビザスクエアのことを少し丁寧にお伝えしてみようと思います。 最近仲間になられた皆さんも、ぜひこれを読んでビザスクエアに記事を書いてみましょう! ビザスクエアって?まずはビザスクエアという名前の由来から。 ご想像の通り「VisasQ (ビザスク)+Squar

スキ
52

立ち上げ期から拡大期へ “最高のミッドフィルダー“インサイドセールスチームがアツい!

こんにちは!法人事業部インサイドセールスチーム(以下IS)の小泉成史です。 私はビザスクには2021年に新卒3期生として入社し、IS歴2年目に入りました。 ISは、2019年にCEO室直下で立ち上げをおこなってから3年近くが経ち、規模拡大に伴い現在は法人事業部配下にあります。 CEO室時代の2年前にはチームリーダーのゆうたさんがISの紹介記事を書いてくださっていますが、そこからまた変貌を遂げていますので、この度私より改めて大好きなISチームについてご紹介できればと思います!

スキ
84

噂の海外M&Aの裏側とは!?大型買収を支えたファイナンスチームが語る!【後編】

こんにちは!編集担当の松尾です。 おまたせしました。噂の海外M&Aの裏側【後編】をお届けします! 【前編】では、M&Aで苦労したことなどをお伺いしましたが、今回はそれを乗り越えた「やりがい」や、これからのビザスクファイナンスチームの展望などを深堀りしていきます! 大変な仕事の中で「やりがい」を感じたことは?村上:やっぱり自分たちが作った書類がきちんと世の中に出て、一定のレベルの決算を出し切ったという事実は「やりきった」感じがありますね。 そしてColemanの皆さんからの

スキ
51

バンドきっかけでビザスクへ!?金融機関出身の私がベンチャーで新規事業にチャレンジするまで

みなさんこんにちは。法人事業部・ビザスクreportチームの鈴木兼三です。 今年の1月にビザスクに入社してから、早いもので半年近くが経ってしまいましたが、今日は改めて私の自己紹介と、そもそもreportチームって何やってるの?これからどうしていくの?というところをお話してみたいと思います。 金融機関から事業側へ元々、大学時代は経済学を学ぶ傍ら、マンドリンのオーケストラやバンドなど音楽活動ばかりに没頭していて、いざ就職活動を始めた時、これをやりたい!という明確な軸は持ってい

スキ
69

噂の海外M&Aの裏側とは!?大型買収を支えたファイナンスチームが語る!【前編】

こんにちは!編集担当の松尾です。 ビザスクが米国Coleman社の買収を完了してから、はや7ヶ月が経ちました。 そこで、このビザスク史上初の大型M&Aを会計面から取り仕切ったファイナンスグループのお二人にその裏側を聞いてきました! 今回はその【前編】をお届けします! まずは自己紹介から村上:私は社会人歴20年で、ビザスクは5社目になります。 最初に入った会社で2年間エンジニアをしてから経理に移り、そこからはずっと経理畑を歩んできています。 2007年に会社を1回辞めて旅に

スキ
74

知られざる魅力を大解剖!ビザスクの「リサーチ」についてベテラン二人が語り尽くす

こんにちは、3期編集部の志村です。 今回は、ビザスクの「リサーチ」について、一体どんな仕事をしていて、どんなやりがいや難しさがある職種なのかを深堀りしていく回となります! お話を聞いたのは、PF事業部でリサーチマネージャー(通称RM)として活躍している​​鄭さんと佐竹さん。お二人ともチームのRMとして活躍しながら、新卒・中途問わず新入社員のリサーチ研修を担当しています。今回は、仕事する&教えるという立場から、ビザスクにおける「リサーチ」の魅力を聞いていきましょ〜! ※PF

スキ
83

エンジニアがこれまでと今を徹底比較して語る、ビザスクの好きなところ

こんにちは!フルサポート開発チームのエンジニアの伊藤です。 自分たちのチームでは、主に社内のスタッフが利用するマッチング業務に関わる管理画面の開発を行っています。 私は中途入社でここが4社目ですが、ようやく一緒に働きたいと思える会社に出会えたと思っています。 今回は、ビザスクや私達のチームの何がそんなに良いのか、過去に勤めた環境と何が違うのか、改めて書き出してみたいと思います。これを通して、私が過去に抱えていた悩みと同じ境遇にある方々に、こんな職場もあるということを知って

スキ
79

PMとRMのタッグでクライアントに最適な提案を。スポットコンサル実施までの舞台裏

(※2020年7月に制作した記事です。掲載情報は、当時のものとなります。) こんにちは、HRグループの小酒井です。 出社も徐々にできるようになり、久しぶりにみんなの顔が見れて喜びを噛み締めています。 さて、今回は社内でも一番在籍しているメンバーが多い、PF事業部のメンバーに話を聞いてきました。話を聞いていくと、え!?マッチングだけじゃなくて、そんな仕事もしてたの?と驚いたこともたくさん。様々な仕事にチャレンジしたいと考えている方におすすめなポジションですよ〜! ※PF(

スキ
32

学生の皆さんにまず読んで欲しいnote

こんにちは、HRチーム 新卒採用チームです。 いよいよ本格的に2023年卒の新卒採用が始まりましたね、ビザスクは今年で5期目の新卒を迎えることとなります。 そこで今回のnoteでは学生のみなさんからよくいただいた質問をまとめてみましたので、選考前に是非ご一読ください。それではどうぞ! 1:新卒採用を始めた理由現在社員数は175名(※2021年9月時点)、そのうち新卒は15名。2022年卒の内定者は7名と、年々新卒の人数が増えています。 そもそも、どうして新卒採用を始めよう

スキ
43

MVP制度がもっとビザスクらしく!Valueを体現している人をみんなで選ぶVisasQ Awardへ進化

こんにちは。PF事業部、A2チームリーダーのVivianこと三島です。 つい先日記念すべき「第一回VisasQ Award」が開催されました! 今回から2回に渡り、VisasQ Awardについてお伝えしてまいります。まずはAward誕生秘話&準備編。 「VisasQ Award」が生まれた背景 VisasQ Awardは2月に上がった記事にも触れた「Bizリーダー会議」で生まれました。 4月から一新したBizリーダーメンバーはいくつかの分科会に別れて議論していますが、今

スキ
81

社内横断型へアップデート!力を合わせて幅広く活躍するデザインチームの今と未来

はじめまして、ビザスクデザインリーダーの成田です。 今年の4月に、フレッシュな新卒の面々とともに入社してから3ヶ月があっという間に過ぎ、慌ただしくも楽しい日々を送っています。 横断型のデザインチーム発足 実はこの度、ビザスクの中で横断型のデザインチームが新たに発足しました。 ビザスクには複数の事業部があり、デザイナーはそれぞれの場所で専門特化する形でデザイン業務に従事してきました。いわゆる『分権型』と呼ばれる体制です。 各メンバーはそれぞれの事業部で高い専門性を存分に発

スキ
98

新生・PF事業部、個性豊かな女性リーダー4人の素顔に迫る!

こんにちは!編集部の志村です。 今回は、私が所属しているPF事業部についての記事になります! PF事業部とは、プロフェッショナルファーム向けのフルサポートマッチングを担当する部署です。全社の中でも大きな売上を担っており、クライアントの属性上、スピード感が特徴です。 人数もどんどん増えている勢いのある部署ゆえに、今年の4月、2チームから4チーム体制に変更になりました。そこで、3人の新リーダーが誕生しました、よ!!! 今回は、個性豊かなPFの女性リーダー4名に、仕事の秘訣から

スキ
105

Failure teaches success!1人目社員が語る、ビザスクlite試行錯誤の歴史

セルフマッチング形式 ビザスクlite カスタマーサクセス(以降、CS)チームリーダーの田鍋です。実は最初の社員です。社会人インターンとして時給1,000円(後に1,500円に昇給)のアルバイト期間を経て2014年8月に入社しました。 まだシェアオフィスにいたときで、アドバイザーは3,000名位。にもかかわらず、今と同様に相談領域は幅広く受け付けていましたので、起業相談から化学領域の相談まであり、マッチング過程が大変だったことは言うまでもありません。案件があると、データベース

スキ
84

会社を飛び出し熱く議論!金融機関の挑戦をつなぐFIGチームのオフサイトレポート

こんにちは!今年の3月に入社しましたFIG事業部の松原です。 今回は先日「事業部の行動テーマを決定しよう!」をテーマに開催されたオフサイトミーティングのレポートをお届けしたいと思います! 私が所属しているFIG事業部は国内外の金融機関をクライアントにフルサポートサービスを提供しているチームです。銀行、証券会社、保険会社、PEファンド、VCなど、幅広いクライアントの投資検討時の調査、投資先のバリューアップ、新規事業開発、業務課題解決など様々なニーズで幅広くビザスクをご利用いた

スキ
87