Americaからビザスクにjoinしたクリスの話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Americaからビザスクにjoinしたクリスの話

Hello! My name is Chris Gebhardt.
I joined VisasQ on July 1st, 2021. I have been living in Japan for over 10 years and have been a web developer for about 5 years.

What does that mean?
In this article, I would like to introduce my rather unusual background.

こんにちは、今年7月に入社したクリス・ゲブハートです!
日本に住んで10年以上になります。Webエンジニアとしては5年くらいです。

それってどういうこと?
今回は私のちょっと変わった経歴を紹介したいと思います。

Student days in Japan 学生時代のクリスさん

<English>

Outline
・35 years old
・From Torrance, California
・Father is American, Mother is Japanese
・Married, with 2 kids (4 year old boy and 1 year old girl)

2007- Study abroad at a university in Japan

2009- Went to graduate school in the U.S. to study accounting
2011- First job after graduating was for an accounting firm in Japan so I was able to go back to Japan.

I have been exposed to Japanese culture from an early age, as my mother is Japanese and I grew up in a city with one of the largest Japanese populations in the U.S. Since I was a kid, I’ve always wanted a chance to live in Japan and when I was in college, I learned of my university’s study abroad program and jumped at the chance to study in Japan.

My image of Japan when I was young was mostly just Tokyo, specifically Shibuya, Harajuku, Akihabara, etc. When I went to Japan for the first time, I enjoyed walking around those areas and going into the different shops there. Since moving to Japan, I enjoy going to other places beside Tokyo like Kyoto, Hokkaido, and Okinawa.

2015 - Study programming and career change

After a couple of jobs in the accounting industry, I realized that I had no passion for accounting and wanted to try something different. After doing some research on different jobs, I decided to try programming and found the site codeacademy.com. After going through that site, I got instantly hooked on programming and decided I want to try and make this a career.

In America, there are a bunch of free websites and other resources that teach programming, so I mainly focused on going through as much of those resources as I can. After that, I mainly just built simple web apps using Rails and supplemented my knowledge with many books until I felt confident enough that I could contribute at a junior developer level.

2021- Join VisasQ

I wanted to work at a company where I have an opportunity to work with and learn from others as my previous company I was working solo most of the time. I also was more interested to work on an internal product, so that the developers and the business side could communicate together as the same team. I joined VisasQ specifically because I felt it matched that criteria. And mainly, the people I interviewed with were all very nice and seemed happy to be working there, so I felt I wanted to be a part of it too and work with them.

What kind of work are you in your team?

So far I’ve focused on developing and enhancing features to be specifically used by the VQ global team to help them connect clients and advisors more easily. But lately I’ve branched out to working on features for the Japan side as well.

What do you enjoy most about VQ?

So far, my experience has mainly matched what I was hoping for before I joined. I was pretty shocked, though, that a lot of the people in the company are actually really good at English, which is a lot different than my experience at other Japanese companies.

What do you like to do in your free time?

Most of my non-work time is spent playing with and taking care of my kids. We mostly stay indoors due to COVID but now that the state-of-emergency has been lifted, I’m looking forward to doing more outdoors stuff with them. When I’m alone, I like to watch basketball and play video games.

My son likes to play a game called Super Smash Bros recently but it's too difficult for him so we usually end up watching the Computer players battle each other. He also really loves watching Pokemon anime which is the same as me when I was a kid.

What is exciting about working in VQ?

Everyone in general is very nice and supportive of each other which makes it feel like a real team. My Japanese isn’t perfect, but everyone is open to me using English at times and are understanding when I may be slow to understand something in Japanese. With the Singapore team growing and the acquisition of Coleman, the company seems to be going more and more towards a global direction, and I’m excited to see how the company changes.

Off days with his kids 子どもと過ごす休日

<日本語>

・35歳
・カリフォルニア州トーランス出身
・アメリカ人の父と日本人の母のハーフ
・妻子あり(4歳の男の子と1歳の女の子)

2007 大学時代に日本へ

子供の頃から日本に住んでみたいと思っていた私は、大学の留学プログラムを知り、日本に留学するチャンスに飛びつきました。
1年の留学後、アメリカの大学院に進学し、会計学を学びました。新卒での就職先が日本の会計事務所だったので、再び日本に戻ることができました。

私が若い頃の日本のイメージは、ほとんどが東京、特に渋谷、原宿、秋葉原などでした。初めて日本に行ったときは、それらの地域を歩いたり、いろいろなお店に入ったりして楽しみました。日本に来てからは、京都や北海道、沖縄など、東京以外の場所にも行くようになりました。

2015 プログラミングを勉強してキャリアチェンジ

会計業界でいくつかの仕事を経験した後、自分には会計へのワクワクがないことに気づき、何か違うことをやってみたいと思うようになりました。いろいろな仕事について調べた結果、プログラミングをやってみようと思い、オンライン学習のサイトcodeacademy.comを発見。見てすぐにプログラミングに夢中になり、これを仕事にしてみたいと思うようになりました。

アメリカでは、プログラミングを教えてくれる無料のサイトなどが山ほどあるので、それらの資料をできるだけ多く見て回りました。その後は、主にRailsを使って簡単なWebアプリを作ったり、書籍で知識を補ったりして、ジュニアデベロッパーレベルで貢献できる自信がつくまで続けました。

2021 エンジニアとして数社経験後ビザスクへ

前職まではほとんど一人で仕事をしていたので、他の人と一緒に仕事をしたり、他の人から学んだりする機会がある会社で働きたいと思っていました。また、開発者とビジネスサイドが同じチームとしてコミュニケーションをとれるような、社内での開発にも興味がありました。ビザスクに入社したのは、その希望がかなうと感じたからです。また、面接で話した人たちがとても親切で、楽しそうに仕事をしていたので、自分もその一員になって一緒に働きたいと思いました。

今どんな仕事をしていますか?

入社してすぐは、グローバルチームが顧客とアドバイザーをより簡単にマッチングするための機能の開発に注力していました。最近では、日本顧客向けの機能開発にも取り組んでいます。

入社前後の印象は変わりましたか?

今のところ、入社前に期待していたこととほぼ一致しています。しかし、他の日本企業での経験とは異なり、社内の多くの人が本当に英語が上手であることにはかなりの衝撃を受けました。

休日の楽しみはなんですか?

仕事以外のほとんどの時間は、子どもたちと遊んだり、世話をしたりしています。COVIDの影響でほとんど屋内にいることが多いのですが、緊急事態が解除された今、子どもたちと一緒にもっと屋外で遊ぶことを楽しみにしています。一人でいるときは、バスケットボールを見たり、ビデオゲームをしたりしています。

4歳の息子は最近「大乱闘スマッシュブラザーズ」というゲームが好きなのですが、彼には難しすぎるので、いつもコンピュータのプレイヤー同士の対戦を見ることになっています。また、息子はポケモンのアニメを見るのが大好きで、これは私が子どもの頃と同じですね。

ビザスクで働くことの魅力は?

みんなとても親切で、お互いに助け合っているので、本当のチームのように感じます。私の日本語は完璧ではありませんが、皆、私が英語を使うことを受け入れてくれますし、私が日本語で何かを理解するのに時間がかかっても理解してくれます。シンガポールチームの成長と、コールマン買収により、会社はますますグローバルな方向に向かっているので、会社がどのように変化していくのか楽しみです。

▼▽株式会社ビザスクでは一緒に働けるエンジニアを探しています!▽▼



この記事が参加している募集

オープン社内報

社員紹介

エンジニアでよかった

with Modis

Thank You!!
「知見と、挑戦をつなぐ」 私たちは、知見=ナレッジのプラットフォームを活用し「スポットコンサル」をはじめとする、様々なサービスを提供しています。100人を超えた私たちが、互いをよく知り学び合えるように。そして、社外の方にもっと私たちを知ってもらえるように。ビザスクエアを始めます。