新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Letter from VISASQ SINGAPORE#1:海を越えてシンガポールチーム、Chauがお届け

皆さん、こんにちは!ビザスクエア編集部の村井です。
ビザスクは、2020年1月に初の海外拠点となるシンガポールオフィスを設立し4月には子会社化しました。

日本とは海を隔てたシンガポールといえど「知見と、挑戦をつなぐ」ミッションは同じ。
今日は「シンガポール便り」の1回目ということでシンガポールオフィスで働くChau Hoangのインタビューを英語・日本語両バージョンでお送りします!

Chau Hoang(チャウ・ホアン)
Hi! :D
My name is Chau Hoang, one of the first members of VQ Singapore team.
I’m Vietnamese, born and grown up in Vietnam ;)
I did my Bachelor's Degree in Vietnam and decided to pursue higher education in Germany where I completed my Master’s in Management at ESMT Berlin in 2019. My major is Innovative Management, with a focus on Global and Digital Strategy.
--
こんにちは!
シンガポールチーム立ち上げメンバーの一人、チャウ・ホアンです。
私は生まれも育ちもベトナムのベトナム人です。ベトナムの大学を卒業してから、2019年にドイツ・ESMTベルリン(ヨーロッパ・スクール・オブ・マネジメント・アンド・テクノロジー)でグローバルデジタル戦略に特化したイノベーション・マネジメントを専攻し経営学修士を取得しました。

(English Version)

Q1. Why did you decide to join VisasQ?

I’ve relocated to Singapore since Jan 2020 for family reasons.
It happened that VisasQ opened the first overseas office in Singapore in Jan 2020… Such a coincidence! Maybe fated to be a member of VisasQ.
Actually I can imagine a startup culture in VisasQ where we have a chance to work closely together in a small and compact team. This also means there are more things to do, learn and improve everyday as one would need to understand the general picture and other members' responsibilities to support one another.
In addition, I always enjoy doing research work and managing projects, I enjoy challenging myself with deadlines and targets.

I used to take up a traineeship program in Singapore and also stayed in Singapore to do research for my master’s thesis. I’ve also travelled to Singapore every now and then to visit my friends. However, this time is different as I have my family here with me and hopefully will reside in Singapore for a long time.

Q2. Let me know about the Singapore team/office.

Singapore is VQ’s first overseas office, we are trying to develop business, market and reach out to new international clients, at the same time, support Tokyo team with consultation requests whose target regions are not Japan.
Our team is pretty small at the moment. Due to COVID situation, we all have been working remotely, yet we always try to be more bonding with each other through daily meetings and huddles. 

iOS の画像 (4)

The office is located in the financial center of Singapore, our office is easily accessible by MRT and buses. There are a lot of eateries, cafes, shopping centers, retailers nearby.
I haven’t got a chance to walk inside our Singapore office. My first interview took place in a cafe on the ground floor of the office building. Hopefully, I will be able to experience VisasQ Singapore office soon after the circuit breaker in Singapore is over.

Q3. What is your role in the Singapore team? What do you enjoy?

At the moment, my main role is Research Manager (RM), who receives projects from PM and is responsible for recruiting and communicating with advisors.
I enjoy sourcing, and pitching Advisors' profile to clients. Especially, when it is a very strong candidate I get the feel of a potential matching. Yet It doesn’t mean I don’t enjoy other administrative work, in a way it enhances my patience and supports the consolidation of my search results.

Personally I have been trying out which method works best for different situations and realize flexibility is very important. For example, for general requests such as “price prediction of gas in India” OR “market trends of window sash industry in Thailand”, a phone call with advisors can be a faster method. However, for specific discussion topics that require data collection, an email would do a better job.
It is also very different when talking to European advisors, Asian advisors, and advisors in my home country Vietnam. Perhaps the tip is to strike the balance between the client’s expectations, discussion topics, advisors’ culture, time zone, working styles, etc.

Q4. What do you like to do in your free time?

I enjoy gym, swimming, cooking, shopping, and talking to my family members, and friends. Besides, I'm a passionate traveller. I guess nowadays most of our time is spent online so I try to spend more time offline as much. I also watch shows and listen to music, but now they are no longer my main focus.
My online time now is more about updating current social and economic status, maybe picking up some new skills or researching about a topic that I’m suddenly interested in.

画像4

Q5. When do you feel happy about the work you do?

The best thing about the sales job is when you get the deal or “matching” in our term. I feel most accomplished and motivated when I can bring in suitable advisors for clients.
I do enjoy my work but of course, it gets stressful sometimes especially when there are too many projects and advisors are unresponsive. However most of the time I know I’m learning new things from each project and I can see myself improving every day.
VisasQ will surely develop and be more and more successful on a global level. Singapore team VQG will grow bigger and more diverse with many team members from different countries. Of course, I always want to be part of VisasQ’s success.

(日本語版)

Q1. ビザスクに参画したきっかけは?

家族で2020年1月にシンガポールに引っ越したのですが、丁度そのタイミングでビザスクもシンガポールで最初の海外拠点を構えるということを知りました。きっとジョインする運命だったのだと思います!笑

ビザスクはスタートアップなので、小さいチームで仲間と近い距離感で働けるだろうと思っていました。また、メンバーがお互いの業務を理解しサポートし合うことが求められ、毎日学び努力することが求められる環境にも惹かれました。私は目標に向けてリサーチ業務やプロジェクト管理をしていくことも好きです!これは向いているのでは?と思って入社を決めました。

シンガポールには、これまでも大学卒業後の研修や修士論文の調査のために滞在したことがありました。それ以外にも、友人を訪ねて何度も訪れている親しみのある場所なので、長期で住みたいと思っています。

Q2. シンガポールチーム/オフィスについて教えて下さい 

シンガポールオフィスでは、東京チームからの依頼で日本国外のアドバイザーとマッチングをしながら、新しい国外クライアント企業(依頼企業)も開拓し、海外事業を拡大しています。
現状のシンガポールチームはまだ小さく、コロナの影響もあり全員が在宅勤務を続けていますが、毎日オンラインミーティングをして密なコミュニケーションを心がけています。

オフィスはシンガポール金融街の中心で、MRT(地下鉄)やバスのアクセスも良いところにあります。周辺にはカフェやレストラン、ショッピングセンターなどお店がたくさんあります。
でも、コロナウイルスの影響でまだ私自身は採用面接以来、オフィスに出勤したことがありません。Circuit breaker(シンガポールの緊急事態宣言)が解けて、オフィスに出勤できる日を楽しみにしています!

iOS の画像 (2)

Q3. 担当業務について教えて下さい

現在は、リサーチマネージャー(=プロジェクトマネージャーが受注してきたプロジェクトを引き継ぎ、適切なアドバイザー見つけてアドバイザーとのコミュニケーションを担当する)を担当しています。

依頼にマッチするアドバイザーを探しクライアントに提案する業務は楽しいです!ぴったりの経歴をもつ候補者を見つけられたときはマッチングする!という感覚があります。リサーチ結果をまとめたりする事務的な業務も、コツコツ頑張って楽しんでいます。

今の仕事で一番大切なことは「柔軟性」だと思います。業界全体の動向を調べるような案件の場合、アドバイザーと電話会議を行うのが効率的ですが、詳細のデータ収集の必要がある場合はメールで調査する方法のほうが効率がいいケースもあります。
また、ヨーロッパ在住のアドバイザーと、アジア在住のアドバイザー、母国のベトナムのアドバイザーと話すのも違いがあります。クライアントの要求、依頼テーマ、アドバイザーの地域文化、時間帯(時差)、労働文化といった多くの条件を理解したうえでバランスをとって調整を行うことが、とても重要だと思っています。

Q4. お休みの日はどう過ごしていますか?

ジムで体を動かしたり、水泳やクッキング、買い物をしたりして過ごしています。家族や友達と話すことが好きですし、旅行も大好き!
仕事中はオンラインで過ごす時間が長いので、休みの時間はできるだけオフラインで過ごすようにしています。
テレビを観たり音楽を聴いたりすることも好きですが、最近は関心のあるビジネスのトピックや新しいスキルについて調べたりしています。

画像2

Q5. どんな仕事をしているときが楽しいですか?

営業の仕事でもっとも楽しいのは、やっぱり売れた時。今やっている仕事で言うと、クライアントとアドバイザーが「マッチング」したときです。クライアントが望む最適なアドバイザーを紹介できたときが一番嬉しく、達成感があります!
もちろん、たくさんのプロジェクトを抱えて余裕がない時や、アドバイザーから良い反応が得られないときもありますが、関わる案件からいつも新しいことを学び、自分自身が成長していると実感できることが楽しいです。

ビザスクは必ず、さらなるグローバル拡大を遂げると確信しています!シンガポールチームも更に大きくなり、たくさんの国の多様なメンバーで構成されていくと思います。
グローバルチームの1メンバーとして、成功に貢献していきたいです!




この記事が参加している募集

オープン社内報

励みになります!
83
「知見と、挑戦をつなぐ」 私たちは、知見=ナレッジのプラットフォームを活用し「スポットコンサル」をはじめとする、様々なサービスを提供しています。100人を超えた私たちが、互いをよく知り学び合えるように。そして、社外の方にもっと私たちを知ってもらえるように。ビザスクエアを始めます。

こちらでもピックアップされています

ビザスクの「人」
ビザスクの「人」
  • 40本

ビザスクの「人」がわかる

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。