見出し画像

「クライアントにとって私達の介在価値は何か」に徹底的に向き合う、法人営業の仕事

顧客のフロントに立ってビザスクのサービスを広げる事業開発(営業)とはどんな仕事なのか?事業法人部 事業開発第二チームの木下さんにその魅力や仕事のやりがいを聞きました。

【プロフィール】
名前:木下 恵里
前職:リクルートジョブズ
現在の所属チーム:事業法人部 事業開発第二チーム
入社:2020年
新卒でリクルートジョブズに営業として入社、中小企業から大企業まで様々な規模の採用支援に携わる。2020年にビザスクに入社、法人営業として新規顧客開拓、セミナー等の運営を行う。

ビザスクをどう活用するとベストなのか?そんな問いから始まるのが私達の営業

ビザスクはクライアント属性ごとに事業部が分かれていて、私が所属しているのは事業会社がクライアントの事業法人部です。仕事は一般的にイメージされる法人営業とはちょっと違うかもしれません。私達の主力事業であるスポットコンサルのフルサポートマッチングサービス「ビザスクinterview」だけを売るのではなく、クライアントの課題をビザスクの「ナレッジプラットフォーム」を活用することで解決できるなら、どんなことでも提案していいんです。だから名刺の肩書も「事業開発担当」となっているのかもしれません。

「とにかくこれを売る!」という型にはまったスタイルではなく、ニーズをヒアリングした上で、スポットコンサルなのか、幅広い人にwebアンケートで意見を聞けるエキスパートサーベイ®がいいのか。はたまた新規事業のアイデア創出段階であれば、今まで様々な会社の新規事業を支援してきた知見を活かしてプロジェクトに伴走して、ワークショップや勉強会の提供から始めた方がいいかもしれない、など。クライアントの課題を解決するために出来る手段を洗い出し、なければ作ろう!という方針で、トライ・アンド・エラーしながら進めるスタイルです。

すぐ隣でクライアントを支え続けたいから、サービスの枠を決めない。

事業法人部は事業開発が第一・第二グループと分かれています。第一は既存営業先のフォロー、第二は新規顧客の開拓という棲み分けで、私は第二グループに所属しています。そのため、初めてビザスクのような知見活用サービスを使う方や、新規事業開発自体がそもそも初めてというクライアントも多いです。なので、まずはビザスクを知ってもらい、知見の活用ってどんなものなのかを理解してもらうことが大事。その為に、セミナー等も開催しながらサービスの啓蒙活動もしています。

私がクライアントと向き合う上で大事にしているのは、新規事業を開発した先にクライアントは何を求めているのかを理解することです。誰のどんな課題を解決しようとしているのか、新規事業を創出した先に求めているものは会社によって違います。ここを握らずに進めていくと、全然違うものを提案してしまいますからね。「新規事業」という言葉に踊らされず、ビザスクが介在する価値が何かを考える毎日です。

新規事業開発の課題は、目まぐるしいスピードで変わっていきます。単発ではなく、課題に合わせて枠にとらわれることなく何が提供できるかを考え、クライアントと一緒に事業を創っていきたいという気持ちで日々活動をしています。

iOS の画像 (10)

※前職の同僚と社内イベントで登壇した時の1枚

「自由を自覚しているか」スタートアップで働く楽しさと難しさ

転職したきっかけは2つありました。1つはシンプルで、事業に惚れちゃったんです。アドバイザーにとっては個人が組織と企業を超えて、新しく活躍する場を提供している。クライアントにとっては、知見を得ることで事業の成長スピードを加速させることが出来る。知見の活用って無限大だな。私もこのサービス広げたいなって思ったんです。

もう1つは、自分自身もっとチャレンジングな環境に身を置きたいと思ったからです。前職では、ミッションや目標が明確で、環境を最大限に活かし圧倒的な成果を上げることこだわってきました。仕事自体すごく楽しかったんですが、もっとチャレンジをしたくなったんです。クライアントが求めていることに柔軟に対応し、自ら仕事を作り出していける環境で、今までの経験を活かして自分がいかに価値を発揮できるか。これに挑戦したいと思ったんですね。

前例やルールがなく、これから多くのことを決めたり作っていったりする中で、自分が新しい前例やルールを作る側になってみたくて転職を決めました。

思考を停止せずに、仕事に向き合い続ける

仕事内容は、基本的には商談がメインですが、営業と並行してマッチング業務に対応することもあります。実際にデータベースを触って、どんなアドバイザーが登録しているかを知るのは大事ですよね。商談後に、どんな提案をしたらいいかをチーム内で議論することも多いです。やることが溢れているので、ぼーっとしていると目の前の仕事を淡々と進めるだけになっちゃうんですよ。なので、どんな仕事に対しても本当にこの業務が必要なのか?効率化できないのか等を常に考える必要があります。

私達のバリューにある「自由を自覚しているか」。今年1月に入社し、このバリューを意識しながらも翻弄された半年間だったなと思います。自分のミッションも目標も、当然自分で考える必要がある。もちろん楽しんでいますが悩んだ時期もありました。「なんでこれやってるんだっけ?やりたかったことは本当にこれでいいんだっけ?」って。

そういう時にちゃんと立ち止まり、自分自身で考え抜いた上で仕事を進める思考力はかなり鍛えられたと思いますね。

画像2

余白だらけの市場、もっと多くの人が活躍できる世の中にするために

まだまだビザスクは利用いただいている会社の方が少なく、余白だらけの市場です。事業法人部では利用企業の割合としては、今はメーカーや素材系の会社が多いですが、例えばデザインファームや商社など使っていただく業界の幅が広がった時に、私達だけじゃ想像もしていなかったナレッジプラットフォームの利用方法も出てくるんじゃないかなと思っているんですね。ですから、これからもっと活用していただく業界の開拓を進め幅を広げていきたいと考えています。

そうすることでアドバイザーの活躍の幅も広がっていくはずです。前職時代から思っていたこととして、キャリアについて悩んだときの解決方法って転職になりがちなんですが、それだけじゃないと思うんです。キャリア開発は社内だけで請け負う必要ってなくて、個人の活躍の場はもっと選べるようになるべき。その時に、ビザスクは最初の一歩として最適な場所だと考えています。仕事やキャリアの悩みは誰もが抱えるものです。その解決手段を増やすことで、働く人がストレスフリーになる世界につながるといいなーと思っています。

案件の幅が広がると、アドバイザーの活躍の機会も増え、最終的にはクライアントの課題も解決できる。それってとってもハッピーな世界ですよね。そんな世界を作るために、フロントに立ってサービスを広げていく最前線でどんなことにもチャレンジできる今の環境は本当に恵まれています。これからも自分たちで創っていける環境を存分に楽しみながらチャレンジしていきたいと思います!!



ありがとう!またみてくださいね♪
17
「知見と、挑戦をつなぐ」 私たちは、知見=ナレッジのプラットフォームを活用し「スポットコンサル」をはじめとする、様々なサービスを提供しています。100人を超えた私たちが、互いをよく知り学び合えるように。そして、社外の方にもっと私たちを知ってもらえるように。ビザスクエアを始めます。