【10問10答 自己紹介】グローバル事業開発グループ 林編
見出し画像

【10問10答 自己紹介】グローバル事業開発グループ 林編

1:名前と社内でなんて呼ばれているか教えて下さい
れいこさん

2:ビザスクでは、どこのチームに所属していますか
VQG(グローバル事業開発)
海外アドバイザー対応を行うリサーチマネージャーおよび海外クライアント対応を行うプロジェクトマネージャーの両方を担当しています。

3:16Personalitiesの結果はなんでした?
ISFP-T(冒険家)
自分のことを冒険家だと思ったことはないのでびっくりしていますが、確かに計画を立てずに気分のままに生きている部分は結構多いです...!

4:今までの経歴を教えて下さい
新卒で総合職として丸紅に入社し、主に欧米の電力事業投資に携わっていました。
5年半働いた後に、ビザスクに入社しました。

5:ビザスクに入社した決め手
前職が大企業だったので、中小企業やスタートアップを経験したいと思っていました。
また、海外と関わる機会を持ち続けたい気持ちも強かったので、ビザスクの「初めから世界を見よう」というバリューを見つけた時に「スタートアップ×海外!これだ!」と心が決まりました。

6:入社してからこれまでで一番印象に残っていること
社員の皆さんのSlackでのレスポンスのスピード!いまだについていけていません(笑)

7:これがスタートアップか!と感じた瞬間
前職では決裁や関係者のコンセンサスを得るために社内調整に奔走する場面が多かったのですが、ビザスクでは調整する間もなく物事が決まっていくのを目の当たりにして、スタートアップに来たんだな、と実感しました。

8:好きなバリューとその理由は
「初めから世界を見よう」というバリューに心惹かれて入社しました。
ただ、入社から立ち上がりをサポートしてくださった社内の先輩方のみならず、当社サービスを利用してくださっているアドバイザーの方々が積極的に知見を提供してくださる姿を見て、「広める努力は全員で」のバリューが浸透していることに感動しました。今後は自分が何かの知見を提供できる立場になりたい、という目標を兼ねている意味でも、「広める努力は全員で」が一番好きなバリューです。

9:ここがビザスクのいいところ!
人が良いです! 入社以前は、スタートアップは古株の人たちを中心にウェットな人間関係が構築されているのかなという偏見を持っていたのですが、中途入社の方も多く新しい社員を温かく迎える風土があること、人のストレスが少ないのでより本質的な仕事に取り組める環境であること、がとっても良いところだと思います!

10:これからビザスクで何をしていきたいですか
まずはクライアントのニーズを適切にくみ取り、迅速な提案ができるPMに成長したいです!
また、グローバル開発事業部の一員としてコールマングループとの提携促進にも貢献していきたいです!


▼▽株式会社ビザスクでは一緒に働ける仲間を探しています!▽▼
会社HPではサービスの詳細採用情報も掲載してますので、ぜひ遊びに来てください!


この記事が参加している募集

オープン社内報

社員紹介

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ビザスクの人たちが喜んでます♡
ビザスクエア ービザスクの「人」がつながる場所ー
「知見と、挑戦をつなぐ」 私たちは、知見=ナレッジのプラットフォームを活用し「スポットコンサル」をはじめとする、様々なサービスを提供しています。100人を超えた私たちが、互いをよく知り学び合えるように。そして、社外の方にもっと私たちを知ってもらえるように。ビザスクエアを始めます。