見出し画像

実は社内キャリアチェンジ多数!そして産休取得第一号!そんな私の自己紹介

みなさまこんにちは!法務コンプライアンスグループの小林です。社内では「さきさん、さきちゃん」と呼ばれています。
社員としての入社は2017年1月で、在籍は3年(お手伝い期間を含めると4年)になります。

実は社内でキャリアチェンジもしていたり、会社第一号の産休取得者でもあったりする私、小林の自己紹介をさせていただきます!これまで何をしてきたのか?今何をしているのか?育児と仕事の両立についてなどなど、お話ししようと思います。

ビザスクとの出会い 「在宅数時間からでいいので手伝ってくれる人を探してるらしい」

前職の銀行を退職し、結婚後は夫の仕事の関係でアメリカのフロリダで専業主婦をしていました。そんなある日、大学時代の友人から「ビザスクという会社の社長さんが、手伝ってくれる人を探しているらしいよ。在宅で数時間でいいらしいからちょっと話してみない?」と連絡があり、話を聞いてみることに。
そこから話がトントン進んで、海を越えてリモートでお手伝いをすることになりました。今でいうところのリサーチ業務でサーチをお手伝いしたり英語のテンプレートを作ったりしていました。
私が当時データベースへの登録をお願いした方が、現在も活躍されているのを見かけると、とても嬉しく感慨深い気持ちになります。

画像1

↑ フロリダにいた頃。よくゴルフしていました。

「経理できるんじゃない?」

帰国が決まり再就職を考えていたところ、ビザスクから面接のお誘いをいただきました。出会ってからは1年以上を経て初めてリアルで端羽さんに会い、マッチングを担当するPM職で入社する流れで面接を受けました。
しかし、面接で銀行のバックグラウンドについて話をしていくうちに「管理の仕事も人が足りないんだよね…経理できそうじゃない?やってみない?」とオファーをいただきました。
前職で決算書は読んでたけれど、作ったことはないんだけどな…と心配に思いつつ、せっかくなのでチャレンジしてみることに。

この頃は管理チーム(現在のコーポレートグループ)は私と本橋さんの2人だったので、経理だけでなく、総務も労務も、とにかく色々やっていました。正直わからないことしかなかったですが、他社の管理の方や外部の専門家に何でも聞いて仕事をする日々でした。大変でしたが、会社が成長していく中で、いろんな仕組みを作っていくのはとても楽しい経験でした。

産休第一号→復帰→法務&内部統制/監査担当へ

管理チームが3人になった頃、妊娠がわかりビザスク初の産休をいただくことに。業務もどんどん増えていた中お休みを取るのは、申し訳なさと不安もありましたが、本当に快く送り出していただきました。これについては、今でも感謝しかないです!

出産後は、保育園の都合で産後4か月で復帰しました。引き続き経理担当でしたが、月初の忙しい時に子どもが体調を崩さないか、などの心配もあり、経理担当の内田さんの入社を機に、担当業務を変えていただくことに。
これまた未経験の、内部監査・内部統制と法務を担当することになりました。今は組織再編で法務コンプライアンスグループの所属になり、日々勉強しつつ頑張っています。

画像2

↑ 復帰後、open office partyで子どもオフィスデビューしました。

法務、内部監査・内部統制ってどんな仕事? キャリアの”Connecting the dots”

法務分野では、契約書のチェックや各種契約書の作成などをしています。事業部の皆さんとは、こちらで関わることが多いですね。
内部統制・内部監査分野は、一部の人を除いてあまりなじみがないかもしれません。社内の様々な業務プロセスが、法令等に照らして問題ないか、社内規程通りに運用されているか、人為的なミスが起こりやすい仕組みになっていないか、ミスが起こったとき感知して修正できる仕組みがあるか、などを定期的にチェックする仕事です。
どちらの分野も、「リスクを発見して、コントロールする」という点では共通していて、お手伝い時代も含めて長くビザスクにいて、大まかな業務の流れや仕組み、その背景について知っていることが、適切なリスクの感知に役立っていると感じています。内部統制分野では、財務報告書の作成に関わる監査なので、経理時代の知識も活用しています。

これまでのキャリアチェンジは、特にイメージを描いて希望してきたわけではなく、単純にそのとき人が足りない、とかライフステージとのバランスが原因ではあるものの、結果的には過去の経験がつながって今に活きていると思います。
あまり深く考えずに、もらったオファーにチャレンジしてきたのがよかったかな(笑)connecting the dots というやつだと思っています。

小林流 リモートwith子ども!

ワーママ生活というか最近のフルリモート生活についても少し。
緊急事態宣言で保育園が閉園しているので、子どもがずっと家にいます。

我が家では、夫と毎朝その日のミーティング予定を共有する朝会をして、その日の分担を決めています。
3食+おやつを作って食べさせるとき、お散歩に連れて行くときは、業務を中抜けさせてもらってこなしているので、日中は割と慌ただしいです。他のパパママメンバーもそうだろうなあ…
業務中はAmazon echo 経由で私の母にオンライン子守してもらったり、Eテレを見せたりしてしのいでいます。最近の悩みはおやつのネタ切れ……
ちなみに食事はslackの#log-自炊部屋をこっそり覗いてネタを収集しています(笑)

画像3

↑ 布マスクでお出かけ。ベビーカーはCTOの花村さん家のおさがり(ありがとうございます!)

オンライン飲みとあつ森部

日中の進捗と稼働時間により、夜に仕事をすることもありますが、最近はオンライン飲み会にはまってます。普段は飲み会に出席できる機会はほぼないのですが、今はオンラインだから気軽に参加できるので、むしろ積極的に主催しています。
普段お話しする機会があまりない人にいきなり声をかけたりしてます。お呼ばれもwelcomeです!この機会に皆さんぜひご一緒しましょう!

画像4

↑先週のオンライン女子会!チームを超えて語らいました。

それと、「あつまれどうぶつの森(あつ森)」にはまっていて夜はあつ森をやっていることも多いです。リモートの記事にも実はこっそり(?)登場しているあつもり部員です。(前回の部活は夜だったので飲みながら参加!)
こんな風に、リモートでもチームを超えて楽しく交流しています!

画像5

↑美術館に行くのが好き。今は行けないのでゲームの中で疑似体験!

フルリモート生活は色々と難しいことも多いです。特に私は子どもの世話で中抜けするので、チームに配慮をいただいているのが、ありがたくも心苦しくもあります。
一方で部活やオンライン飲み会といった、今まであまりできなかったチーム外の皆さんとの交流はとても嬉しいこと。こんな状況だからこそできることを、楽しんでいきたいと思っています。

つらつらと自分のこれまでと今について書いてみました。
ビザスクは若いメンバーも増えているので、将来やキャリアを考えるにあたって、ちょっとした参考になればいいなと思います。

この記事が参加している募集

自己紹介

おうち時間を工夫で楽しく

ありがとう!またみてくださいね♪
71
「世界中の知見をつなぐ」ビジネス領域のスキルシェアサービスを提供するビザスクは、創業から7年目。100人を超えるチームになりました。メンバーが互いをよく知って、同じVALUEに立ち返れるように。社外の皆さんに、もっと私たちを知ってもらうために。”ビザスクエア”を始めます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。