祝!ビザスクエア2周年 これまでの振り返り&人気記事オリンピック🏅
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

祝!ビザスクエア2周年 これまでの振り返り&人気記事オリンピック🏅

こんにちは。編集部の志村です。
なんと、2021/8/1をもってビザスクエアは2周年を迎えました!よよよ!

2年前、社員が80名を超えた頃、「広くオープンな”ビザスクの社内報”」としてビザスクエアは始まりました。ビザスクの人たちが自分の言葉で自分の好きなことを語り、強い「チームビザスク」としてつながる場所にしたいという、我らが小川編集長の熱い思いが込められています!

そこから2年の時が流れ、社員も当時の倍近くまで増え、会社が成長を続ける中、ビザスクエアも成長しています。社内外の方々の協力・応援のもと、総記事数は約130記事にまでなりました!
今回は社内アンケートとnoteの機能による分析から、2年間のビザスクエアの成長と人気記事を改めて振り返っていきたいと思います。

数字でみるビザスクエアの成長

編集部では、ビザスクエアに関する社内アンケートを定期実施しています。みなさん、いつもご回答ありがとうございます!
お気に入り記事の投票や感想なども寄せられる中、数字で見てもビザスクエアが社内に浸透していることがわかりました。

たとえば、第1期(~2020/3)から第2期(2020/4~2021/3)を比較すると”ほぼ毎回記事を読んでいる”と回答した社員が11%増えています。今では約60%の社員が毎回読んでくれているという結果に。編集部としてもとってもやりがいを感じます。
また、「ビザスクエアで記事を読むことで、他チーム、他メンバーへの理解、会社へのエンゲージメントは高まったと思いますか?」という質問に対しては、高まった・非常に高まったとの回答が80%から97%まで増えました!ビザスクエアを運営している意義が全社に浸透しているとわかる、嬉しい結果ですね。

題してビザスクエアオリンピック!第1回のメダリストは?

ここからは社内アンケート結果をもとに、半年ごとの人気記事を発表していきます!ビザスク社員に選ばれたベスト3記事、まだ読んだことがない記事はぜひこれを機に読んでみてくださいね。

記念すべき第1回メダリストはこちら・・!

画像1

人気シリーズ「たまには仕事以外の話をしよう。」の第1弾・第2弾が両方ランクイン!このシリーズは、仕事では見えない一面が見えたり、内容がよりディープになったりするため、読んでいて止まらなくなりますよね。
「突然ですが、みなさまは何オタクですか?」という印象的な書き出しで見事1位に輝いたデザイナーの長岡さんからコメントをいただいております!

長岡さんコメント
オタクまっしぐらな記事で受賞してしまい恐縮です!現在は部員も増えオンラインゲーム部として活動しているので、みなさんの入部お待ちしてます!

2位は、入社1ヶ月の笑顔がファニーな鶴飼さんに書いていただいた記事
鶴飼さんにはその数ヶ月後、VPoEに就任された節目にもビザスクエアで書いていただきました。いつも素敵な記事をありがとうございます!

編集部も第2期へ 第2回メダリストはこちら!

編集部員も代替わりし、ビザスクエアでも新たな試みが増えました!大瀧さんのナイスなファシリでエンジニア社員の記事が増えたり、バイリンガルな村井さんによる「Letter from VISASQ SINGAPORE」と題したシンガポールチームメンバーの記事がシリーズ化しました。

さて、今回のランキングはこちら!

画像2

今回は同率2位3位があり5記事がランクイン!
まずは1位を受賞されたQAチームの小西さん。実は小西さんは、私たち新卒2期と同期入社。入社時フルリモートで不安があった気持ちはとってもよくわかるので、私も共感しながら読み進めた記憶があります。ビザスクのカルチャーが伝わる内容と小西さんの素敵な文章力が相まって、社内人気ダントツ1位に輝きました!よ!

小西さんコメント
小川さんからDMが急に飛んできて、なんだろうかと思って覗いたらなんと……「ビザスクエアの好きな記事ランキング1位」のお知らせが!
ということで、今回1位を受賞させていただきありがとうございます。とても光栄なことで感無量です。1位と聞いてびっくりしたのですが、圧倒的一番という箔も付いて二度びっくりしました。
ビザスクエアに載る記事はみんな素晴らしいものばかりなのに、その中から自分の記事を選んで頂いてとても嬉しいです。本当にありがとうございました!

2位の中川さん記事と内田さん・原さん記事はサムネイルから印象深く、多くの人にシェアされた記事でした。当時私は中川さんと同じチームでしたが、みんなでタイトルを考えたり記事をSNSシェアしたりと、チームで盛り上げ合うのも素敵な文化だと感じました!ちなみに小川さんは、中川さん記事のタイトルが素晴らしすぎてこれを超えられず今でも嫉妬しているそうです。

3位の加藤ゆきりんさん記事と松下さん記事は、それぞれフェスや自作キーボードなどニッチなこだわりが溢れる記事でした。また、ゆきりんさんの記事をきっかけに社内ではフェス部ができました。ビザスクエアが社内での交流のきっかけになってますね!

そして第3回のメダリストは・・?

こちらは2020/10~2021/3の社内アンケート結果なので、記憶に新しい記事も多くあるのではないでしょうか?早速ランキングを発表します!

画像3

映えある1位は編集部員でもあるデザイナー東根さんの「インフォグラフィックで見るビザスク」です!わかりやすく親しみやすいイラストが印象的な記事で「社員だけでなく、入社を考えている人にとっても知りたかった情報がぎゅっと詰まっている内容で素敵でした!」という声も寄せられました。

東根さんコメント
たくさん読んでスキしていただき、ありがとうございます!
シャッフルランチやハッピーアワーで会話のきっかけになったり、感想をもらうなど直接の嬉しい反応もあり。大変だったけど作って本当に良かったです!
あれから半年。2021年新卒も入り、社員数も166名(2021年5月時点)と増えているので、定期的にアップデートして行けたらなと思っています。

第2位の働くパパ特集記事は、公開直後の社内からのリアクションが一番多かったかもしれません!ほっこりとしっかりのバランスがとれていて、読みたかった記事とはこういうものだなと編集部一同も絶賛でした!

第3位はアンナさんの営業スナイパー記事!インパクト大のサムネイルに引けを取らない熱い内容で大好評でした。「クライアントを待つ持久力・粘り強さは、一輪車チャンピオンになるために日々鍛えたことがつながっている」という言葉には衝撃を受けました!

編集部は第3期に 数字で見る直近のスキ♡ランキング

そして今年4月には編集部も第3期となり、東根さんと私が担当させていただくことになりました。同時にslackの記事ネタ投稿フォームを設置し、みなさんの応募から数々の名記事が誕生しております!!!
まだ社内アンケートは実施していないのでnoteの分析機能から、直近3ヶ月に投稿された記事のスキ数ランキングを発表します!

画像4

1位はslack投稿フォームから応募いただいた黒岩さんの記事!最終面接時に端羽さんから開口一番「面白いキャリアの人だね!」と言われたことが心に残ったということで、ご自身のキャリアについて語っていただきました。私が初めて編集を担当したのがこの記事で、事業部を超えて社内の人とつながりを感じる瞬間に胸が熱くなりました。

黒岩さんコメント
たくさんの方に自己紹介記事を読んで頂けたようでびっくりしています。ありがとうございます!
記事を作成している時も「これまでの全部、繋がってるよね」と勝手に励まされ(笑)またこの記事を通して皆さんに少しでも私のことを知って頂けたのならとても嬉しいです。今後とも宜しくお願い致します!

第2位は新生PFリーダー記事!4人のリーダーにフォーカスした記事ですが、チームメンバーからのアンケートと動物占いの結果も織り交ぜ人となりが見えたのではないでしょうか?こうした記事が組織やチームを超えたつながりを増やすきっかけを作れたらと改めて思っています。

岡野さんからの自薦投稿で誕生した中途同期記事が3位にランクイン!実際に対談している様子をほぼそのまま記事にすることで、ありのままの空気感や仲の良さが伝わればと思い書きました。プライベートでの写真もたくさん提供いただいたので、会社で見るのとは一味違う5人の姿、リラックスした様子が伝わりますね!

3年目に突入!これからも一緒に盛り上げていきましょう!

こうして振り返ると本当に名記事だらけですね。これも社員のみなさんが協力して個性的で素敵な文章を書いてくださるおかげです、ありがとうございます!!

3年目に突入するビザスクエア。社内はもちろん社外も、さらに多くの方に読んでいただけるよう成長していきたいと思っております!私としては、コロナ禍で会社の雰囲気も伝わりづらいご時世だからこそ、社外の方にさらにビザスクの素敵なところがリアルに伝わる記事を増やしたいと考えています!

最後に編集長の小川さんに3年目の意気込みをいただきたいと思います!

みなさんと創るビザスクエアが3年目を迎えました。いつも有り難うございます。「広める努力は全員で」3年目もよろしくお願いします。
slack記事ネタ投稿も全力大歓迎でお待ちしてます!よ!

この記事が参加している募集

私の仕事

オープン社内報

圧倒的感謝!!!!
「知見と、挑戦をつなぐ」 私たちは、知見=ナレッジのプラットフォームを活用し「スポットコンサル」をはじめとする、様々なサービスを提供しています。100人を超えた私たちが、互いをよく知り学び合えるように。そして、社外の方にもっと私たちを知ってもらえるように。ビザスクエアを始めます。