新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Slackを見れば会社の性格がわかる!ビザスクで人気の絵文字を大調査

こんにちは!初めましての方は初めまして!
アドバイザー開発チームエンジニアの江澤です。

ビザスクの Slack ワークスペースで チャンネルごとによく使われている絵文字を大調査したので、調査結果の一部をご紹介します!(本当はすべて紹介したかったのですが、チーム数がかなり多く本記事には書ききれませんでした。)

調査方法

Slack 公式が提供している Slack API を用いて、各 Slack チャンネルで使われた絵文字の情報を取得してその数を集計しました。

集計期間:集計日から過去1年間(集計日はチャンネルごとに異なる)
集計対象:メッセージ、返信、およびリアクションで使われたすべての絵文字

調査に使ったツールについて詳しくは Visasq Tech Blog をご覧ください!

それでは、調査結果発表!!

全体チャンネル編

チームに関係なく全社員が利用している全体チャンネルは、集計日の1年前から2年前の間によく使われた絵文字も合わせて調査しました。

#zatsudan -all

全社員向けの雑談チャンネルです。その日の注目ニュースから Slack App 製の Bot である Colla による社員へのインタビュー結果のような個人の話題まで幅広く投稿されるチャンネルです。

画像2

👀 はどのチャンネルでも利用頻度が高めですが、ニュースが投稿されることが多い zatsudan-all では特に利用頻度が高いようです。

クライアントの方からのお褒めの言葉や新しく入社したメンバーが今期目標を達成した!というような嬉しいニュースも多く、🎉 ❤️ ✨ や「」「すごい」「さすが」といったポジティブな絵文字が上位に来ています。

ちなみに「」は特定の会社でしか通じないらしいのですが、主にめでたいお知らせに対して使われる掛け声です。(例:登壇者「今期の目標を無事達成しました!」聴衆「よっ!」)

また、最近は産休・育休取得前後の挨拶に使われることが増えてきたからか、 「かわいい」が新しくランクインしているのが印象的でした。なんでもありの雑談チャンネルなので、赤ちゃんやペットの写真などの投稿が増えてくると嬉しいなというのが個人的な願望です。

余談ですが、私の前職の Slack ワークスペースには飼っている猫の写真をひたすら投稿する癒やし目的のチャンネルがありました。猫好き同士の交流の場にもなりそうなので、弊社でもやってみたいです。

#02_information

こちらは全社員向けの業務上のアナウンスがメインのチャンネルです。
新しく入社した方が挨拶や月末に行われる全社オンライン飲み会である「ハッピーアワー」の告知などの嬉しいお知らせも多いチャンネルでもあります。

画像3

絵文字のラインナップはあまり変わりませんが、投稿数やリアクション数がここ1年でグッと増えていて、改めてビザスクの急成長を実感しました。

年別の違いとしては🙇‍♂️ がランク外になっていて、チームや個人の目標達成や新しいメンバーの入社などの明るいニュースがより増えたのかなという印象でした。新しいメンバーの入社が増えてきたことは、「Welcome」や「ナイスイン」といった入社時の挨拶に対して使う絵文字の利用が増えていることからも伝わってきますね。

チームチャンネル編

ここからはチームごとのチャンネルを調査した結果をご紹介します。
数あるチームの中でも少し変わった集計結果がみられたチームをいくつかピックアップしました。

#biz-pf

PF事業部のチームチャンネルです。PF は Professional Farm の略で、コンサルティングファームを始めとするプロフェショナルファームのお客様をメインにサービスを提供するチームです。

画像4

🙇‍♂️ 🙇‍♀️ がワンツーフィニッシュという驚きの結果に!

怒号が飛び交う殺伐としたチームなのかと思いきや、そんなことはなく、「○○やっておきますね!」というような助け合いのメッセージに対して🙇‍♂️ が使われることが多いチーム文化のようでした。

PF事業部はさらにS1・S2・A1・A2といったチームに分かれているのですが、S1チームは「Thank you♡」の使用頻度が第1位になっていて、PF事業部内でもチームごとにそれぞれ特色があるようでした。

#customersuccess

ビザスクlite ユーザーの方々からのお問い合わせ対応をメインに、お客様対応の最前線を担うカスタマーサクセスチームのチャンネルです。

画像5

こちらはお礼を言うときに

スクリーンショット 2021-04-22 17.43.46

を使う文化が一番定着しているチームです(私調べ)。日々お客様対応をしているカスタマーサクセスチームらしい柔らかい表現の絵文字だなと思います。

カスタマーサクセスは Slack でのやり取りが社内でもトップクラスに密なチームでもあり、投稿数もかなり多く「いってらっしゃい!」のような絵文字がランクインしていることからも、こまめに Slack で各自の状況を伝えていることが伺えます。

ちなみに🌼 は何に使われているんでしょうか?気になります。

#zatsudan -backoffice

経理・財務・総務から社内ITまで幅広く対応してくださるバックオフィスの方々の雑談チャンネルです。

日々の出退勤や休憩の開始終了などのお知らせをメインに使っているようでした。

画像8

個人的に気になったのが「よい週末を」がラインクインしているところです。

日報や退社報告が頻繁に行われるチャンネルはたくさんありますが「よい週末を」がランクインしたのはバックオフィスチームだけでした。

1週間頑張って仕事をしてチームメンバーから「よい週末を」をもらってその週の仕事終えるのはとてもいいなと思うので今度真似してみようと思いました。

#biz-fig-zatsudan

金融系のお客様をメインにサービス提供するFIGチームの雑談チャンネルです。
FIG は Financial Industry Group の略とのことです。

画像7

こちらは挨拶の絵文字がトップにランクインしているのが印象的でした。

日報がメインのチャンネルはたくさんありましたが、中でもかなり活発に挨拶の絵文字が使われているのがこのチャンネルでした。

コロナ禍でリモートワークが多くなり、テキストでのコミュニケーションが以前よりずっと増えた影響で、なかなかオフィスにいた頃のように直接会って挨拶交わす機会が減ってしまいましたが、テキストコミュニケーションであってもしっかり挨拶をするチーム文化は素敵だなと思いました。

番外編

#部活 -gekikara

ビザスク社内に多数ある非公認の部活の中でも参加者が多い「激辛部」のチャンネルです。
活動内容はみんなのイチオシ激辛グルメを教え合ったり実際に食べに行くことのようです。

画像8

他のチャンネルではランクインすることはなさそうな🌶 が堂々の第4位に。

投稿が少ない部活用チャンネルが多い中で、激辛部は比較的活発に投稿があり、部員の激辛愛の強さが伺えます。

まとめ

どのチャンネルもそれぞれに特色があり、とても楽しい調査でした。
また来年も同じくらいの時期に調査してみたいなと思っているのでお楽しみに!


この記事が参加している募集

オープン社内報

Thank You!!
「知見と、挑戦をつなぐ」 私たちは、知見=ナレッジのプラットフォームを活用し「スポットコンサル」をはじめとする、様々なサービスを提供しています。100人を超えた私たちが、互いをよく知り学び合えるように。そして、社外の方にもっと私たちを知ってもらえるように。ビザスクエアを始めます。