見出し画像

働くパパ3人が家族と仕事への愛を語る

すっかり春らしくなってきた今日この頃ですが、皆さんお元気に過ごされていますでしょうか!事業法人部の村井です。

ビザスクは社員構成として半数は女性で占めており、代表の端羽を筆頭にママさんも多く活躍している会社です。
そんな中で「”働くパパ”の話を聞きたい!」という声もちらほら聞くので、今回のビザスクエアではビザスクで活躍するパパたちに根掘り葉掘り聞いていきたいと思います。
いずれも事業法人部の事業部長の田中さん、ビザスクpartnerチームの草野さん、事業開発チームの宮川さんの3名です!

それでは、まずはそれぞれの自己紹介を。

画像3

名前:田中 亮(たなか りょう)
年齢:32歳
ビザスク入社時期:2015年7月1日
総合商社、HR系ベンチャーを経て、ビザスクが3社目。
ビザスクに入社後は採用担当、カスタマーサポート、PRなども経験。現在は事業法人部で責任者をしています。
入社時は独身。入社後に彼女と同棲を開始し、その後結婚。
現在は3歳児の息子が1名、第二子が今月誕生予定。

iOS の画像 (2)_Fotor

名前:草野 琢也(くさの たくや)
年齢:41歳
ビザスク入社時期:2020年8月1日
ITエンジニアや人材会社での営業、マーケティングなどを経て、直近は人材会社で新規事業として立ち上げた「顧問紹介サービス」の運営を行っていました。2020年8月よりビザスクに転職し、企業の新規事業創出支援や業務委託活用のサービスの立ち上げなどを行っています。
家族構成は、妻と子2(長女7歳、次女3歳)。

画像2

名前:宮川 晶行(みやがわ あきゆき)
年齢:34歳
ビザスク入社時期:2015年12月15日
元々は化学メーカーのクラレで営業をしておりました。
ビザスクでは一貫して事業法人部にて、新規営業から伴走支援方のプロジェクトの営業とデリバリーをした後に、再び顧客開拓のポジションについています。
入社時は妻と結婚したばかり。昨年第一子の女の子を授かりました。

まずは我が子自慢からお願いします!

田中:息子は現在3歳なのですが、とにかく喋り続け、走り続ける一方で、寝ると決めたらすぐに寝ます。
限界ギリギリまで起きているのか、寝ると決めたら「寝るから静かにして!」と言い放ち、背中を向けたら3分で確実に深い眠りに入っている

画像4

草野:上の子は小学1年生ですが、絵を書いたり、字の練習をしたりするのが好きなので、朝起きてすぐに画用紙にお絵かきしてたり、漢字の練習をいっぱいしていて、もはや私よりも字がきれいになっている気がするぐらいに!
下の子はまだ保育園ですが、何か嬉しいことがあったりするとそれを報告してくれたりずっと覚えていて、何日か経った時に、朝起きてすぐに、そのことを思い出して「◯◯楽しかったねー、またやりたいなー」って言っていて、なんて純粋なんだろーって思います。

宮川:最近の保育園はビデオとかで家族がリアルタイムで見れるようになっています。それを妻の実家では楽しんで見てるんですが、ある日保育園から送られてきた動画で、我が子が保育園に到着してから自分で荷物を仕分けして、ちゃんと着替えたりしてるのをみて、涙がちょちょ切れました(リアル)。

日々の家族との過ごし方

草野:毎日の日課として、朝ごはんを一緒に食べるようにしています。コロナ以前の平日は仕事で毎日遅くなってしまっていたので、夜ご飯を一緒に食べることはできていませんでしたが、朝ごはんは出来る限り一緒に食べるようにし、その前日にあった学校や保育園の話を聞いて、日々の成長を感じています。

田中:私の場合は、平日朝は、保育園に息子を送るのが大切な時間。平日夜は早く帰れる日は子供と風呂に入ったりしています。子供を寝かしつけるために布団に入ると、子供より先に寝てしまうのが悪い癖です(笑)
週末は基本的に家族とお出かけするか、家族で昼寝をするか、のいずれか、で極力家族全員で過ごしています

宮川:皆さん平日も休日もしっかり家族と過ごしてるんですね!そういう私も、平日は朝食を妻が作っている間に娘と散歩をして朝食を一緒に食べて、仕事。休日はスカイツリーにある水族館に入り浸っていますね!

iOS の画像 (3)_Fotor

(↑草野:七五三で祈る娘たち)

家族における自分を一言で表すと?

田中:「長男」
出来ることが子供と大差ないと思われており、子供が3歳になったばかりですが、子供からも4歳だと認識されているようです。たまに子供から「もう遊んであげないよー」と言われて、心傷ついています。

草野:「整頓」
単純に掃除したり、片付けをしたり、が主な家での役割なので!!

宮川:「新人」
父親としてなっていないところがおおく、日々反省しています(なんでこういう感じで娘を誘導できなかったのかとか、忙しさにかまけて心ここにあらずで会話してしまったりとか。)子育てはむずいですね。家族が楽しく過ごせるように、忙しい時もできる限り楽しいパパであれるように頑張っています。

我が妻のココが自慢!!!というところはありますか?

草野:元コックさんということもあり、誕生日やクリスマスの時はホールケーキとかも作ってくれるので、娘たちがとても喜んでいます!あとは友達が来た時のホームパーティーの時に、ガチで気合を入れて料理を作っていて、その時はコックに戻っています笑

宮川:昔、wantedlyにも取り上げてもらった通り(下記リンク参照)で、妻は結婚したてで10人もいないビザスクに転職することを二つ返事で快諾してくれたり、3年前くらいに仮想通貨を触っていた時も「倍プッシュや!これで運用せい!」と言って100万私に貸し付けてくれたり、最近は謎にバッティングセンターでホームランを打つために素振りをしている破天荒系な女子ですが、自分の可能性を信じてくれる素敵な妻です。

田中:比較的何でもポジティブに応援してくれるところがとてもありがたいですし、パートナーとして心強いです。あとは物凄い勢いで仕事に集中している瞬間はその集中力とコミットメント、作業スピードに圧倒されています。(前職の同僚で当時からすごかった)

仕事と家庭の時間のバランス

村井:それぞれの話を聞いていると、それなりに家族の時間を取れてる感じがしますが、世間ではスタートアップは忙しいという印象もあると思います。実際、仕事と家庭の時間のバランスをどうとっていますか?

田中:独身時代は仕事に没頭してオフィスにずっといるような生活を前職時代から続けてきましたが、現在は家族と過ごす時間を持てるように意識していますね。
週末は義理の両親が子供の面倒を見てくれる日もあるので、その日に溜まっている仕事を対応したり、考え事をしたり、あとは子供と早く寝てしまい、朝早く起きてから仕事をしたり、時間の使い方を考えるようになったなあと思います。

宮川:自分も子供が生まれてからは時間の使い方はかなり意識するようになりましたね。以前のように早朝に仕事をしたり、土日に仕事を片付けたりがしにくくなったので。その分、限られた時間をできる限り効率的に使えるように、時間管理の意識が高まっていると思います。

草野:私は仕事に対するモチベーションや成果が家庭にも出るタイプなので、家族と楽しく過ごすためにも仕事を頑張ろう、という考えです。また、コロナ以降はリモートワークが増えていますが、そういう日は朝仕事を始める前に、朝食の片付けや掃除をしたり、夕方にも洗濯物の片付けや保育園のお迎えなどをしたり。合間合間のそういった家事がいい息抜きとなってその後の仕事の集中力UPにもつながっていると思います。

画像5

(↑宮川:毎週末行っているすみだ水族館で娘が大好きなペンギン)

ビザスクで、パパとして働くこと

村井:実際、パパとして働く中で感じるビザスクの良さってなんですか?

草野:やはり同僚に家族を持っている方が多いので、家庭の事情などを理解してくれることが、やりやすさにつながっていると思います。
また、日々の仕事において、様々な会社の課題やニーズをお伺いすることができ、今、世の中でどのようなことが起きているのか、それをどう解決するのか、という場面に触れられる環境に身を置くことができているため、そういった知見を通じて、子供達に世の中のことをワクワク感じてもらえるように話せることも魅力のひとつです。

田中:僕も草野さんと同じように感じています。急に最近既婚者が増えた、とかではなく、昔からその環境があるため、子供のお迎えや面倒をみるために早く帰宅することが私に限らず、日常の風景として行われていて、その日々を大事にできることはとても有難いことだなと感じます。

宮川:やっぱり家庭を持っていても理解があるので働きやすいですよね。仕事の量を変えられるわけではないけれど、同僚の理解があるので、働き方でカバーできるようになっていると思います。

さいごに読者の皆様へ

宮川:めちゃくちゃに働く20代も間違いなく必要だと思いますが、結婚して子供が生まれても、働き方を工夫しながら成果を出していける素敵な環境だと思います。
色々と人間としての幅も広げながら、世の中に価値を残せるやりがいのある仕事だと思いますね!

草野:人生において非常に長い時間を過ごす仕事と家庭。「ワークライフバランス」という発想ではなく、もはや「ワーク=ライフ」だと感じているので、仕事での成長と家庭での充実した生活が連動する環境が理想的です。
「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションにサービスを提供するビザスクには、様々な世の中のトレンドや知見に触れながら成長できる環境があると感じています。また、自分たちの子供が成長する未来において、今の社会以上に「知見と、挑戦がつながっている」社会を自らの手で創ることができる、ということが一番の家族貢献につながると思います。そういった考えに賛同いただける方とぜひ一緒に働きたいですね。

田中:「子供に誇りが持てる仕事がしたい」「面白い仕事がしたい」「社会にインパクトがある仕事がしたい」ビザスクではそんな仕事が待っていると思います。
仕事にコミットすること、成果をチームで出せるように努力し続けることが求められますが、同時に働きやすい環境もあります。
仕事において価値ある時間を過ごしていきたいと思っていて、私たちのビジョンに共感してくれる方と一緒に仕事をしていきたいです。

最後までお読みいただき有難うございました!


この記事が参加している募集

オープン社内報

うれしい!ありがとう!
101
「知見と、挑戦をつなぐ」 私たちは、知見=ナレッジのプラットフォームを活用し「スポットコンサル」をはじめとする、様々なサービスを提供しています。100人を超えた私たちが、互いをよく知り学び合えるように。そして、社外の方にもっと私たちを知ってもらえるように。ビザスクエアを始めます。