ビザスクエア ービザスクの「人」がつながる場所ー
【ビザスク部活通信#4】これぞ真の「ととのう」 〜登山部への誘い〜
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【ビザスク部活通信#4】これぞ真の「ととのう」 〜登山部への誘い〜

PF事業部の後ノ上です。
皆さま、突然ですが福利厚生制度は活用されていますか?
ビザスクに最近加わった福利厚生制度の一つに『部活補助制度』があります。全社に活動日を共有するなど簡単な条件をクリアすれば補助対象になる為、ハードルが低く、ビザスクではさまざまな部活動が続々と発足しています。
コロナ禍で、特に事業部横断のコミュニケーション量が減りがちな背景もあって、こういった理に叶う制度をタイムリーに創っていける風土がとても良いなぁと思いながら働いています。

そんなわけで、今回は私が部長を務める登山部を紹介させていただきます!

登山部ができたきっかけ

部活補助制度ができる以前から「アウトドア部」と称し、山登りをしたりコテージに泊まったりという活動をしていました。

画像1
画像2

↑気持ちよさそうですね

日々、PCと向き合う仕事の中、
「自然を全身に浴びたい…」
「日頃の喧騒から離れたい…」
「同僚たちと仕事以外でワイワイ楽しい時間を過ごしたい…」
という欲求を満たせるのがアウトドア部の醍醐味です。
部活補助制度ができたことで、改めて登山部として発足しました!

どんなメンバーがいるか

slackのチャンネル登録数は10数名で、チャンネル登録はしていないけど飛び入り参加の人や、OBOGメンバーもいたり、社員のパートナーや家族も一緒に参加したりと、アットホームかつ自由度の高い部員構成です。
部員は常にゆるぼしてますので、ご興味おありの方はお気軽にお声掛けください!

活動内容

Q:どんな山に登ってるの?
A:日帰りで、かつ公共交通機関でアクセス可能な山が中心です。これまでに、西東京エリアから埼玉エリアの飯能、秩父と、様々な山を登ってきています!

画像3
画像4

Q:どんなスケジュール?
A:活動日を毎月第三土曜日と決めています。
【よくある1日のスケジュール】
朝9時:登山口集合 🕘

山頂で軽食 ⛰

下山して温泉 ♨️↓
地元の肴とビールで〆る 🍺

画像5

↑千葉県鋸山登山の帰りにて。食べ物も登山の楽しみのひとつ!

この一連の流れが最高なんです!!
しばらく活動を自粛していましたが、正式部活化してから11月に初めて活動が出来ました!
この時は大岳山に行ってきました。紅葉も見頃で、天気も良く、最高の登山日和でした。

画像7
画像6

そして12月は高尾山に登ってから高尾山口駅にある温泉に浸かり「ととのって」きました!

登山部のアピールポイント

①大自然を全身で浴びる
登山は朝早いし電車に長時間乗るしと、集合までが大変。
ただ、山道に入った瞬間の、空気の美味しいこと!その瞬間に、来てよかったあぁぁぁと心から思います。

②共通のゴールに向けて進む
登山途中には難所もあり、息が切れることもあります。そんな時も、泣き言を吐きつつみんなで前に前にと進んでいく過程と、山頂の達成感は良いものです!
登りながら、日頃仕事で接点が少ない同僚と近況報告をし合えることも楽しみのひとつ。

③下山後の温泉とビール
運動後、温泉とお酒が全身に染み渡り、ととのいます。

以上、登山部の紹介でした!
部員も飛び入り参加者も随時募集中ですので、お気軽にお声掛けください〜!




この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
励みになります!
ビザスクエア ービザスクの「人」がつながる場所ー
「知見と、挑戦をつなぐ」 私たちは、知見=ナレッジのプラットフォームを活用し「スポットコンサル」をはじめとする、様々なサービスを提供しています。100人を超えた私たちが、互いをよく知り学び合えるように。そして、社外の方にもっと私たちを知ってもらえるように。ビザスクエアを始めます。