見出し画像

メンティー紹介シリーズ第一弾!(横山-小野澤)

こんにちは。ビザスク事業法人部の横山です。
ビザスクには2017年4月に入社し、産育休を経て、今年の3月からスポットコンサルチームのチームリーダーをしています。

「メンターがメンティーを紹介していくよ!」シリーズ第一弾ということで、僭越ながら、私がメンターをしている小野澤さん(通称:おのちゃん)を紹介させて頂きます!

(参考)ビザスクの「メンター制度って何?」「1on1って?」

画像1

おのちゃんは、ERPパッケージメーカーの法人営業として3年ほど勤務した後、今年の7月にビザスクにジョイン。事業法人部のPM(プロジェクトマネージャー)として、早3ヶ月が経過したところです。
面接で初めて会ったときは大人しそうな印象も受けたのですが、「常に好奇心をくすぐられる環境にわくわくしながら働いている」と本人が言う通り、実際はとても前のめり。自主的に高い目標を設定し、臆することなく業務に取り組んでくれて、とても頼もしいです!

現在は週1回ペースで1on1をしています。
最初のうちは、当然ながらツールの使い方だったり、日々の業務の進め方の細かい話が多かったですが、最近では、PMとしての通常業務は問題無くできるようになってきたので、プラスαの部分だったり、工夫や改善点について、それも視野の広い話が増えてきて、変化を感じています。

画像2

(右)おのちゃん (左)横山 です。

せっかくなのでここでおのちゃんに突撃インタビュー!以下、対談形式でお届けします。

横山:入社して3ヶ月、率直にどうですか?

小野澤:あっという間な気もしますが、やっと慣れてきたかなというところです。

横山:仕事の面白いところはどんなところ?

小野澤:日々、様々な業種のクライアントから多種多様な案件でご依頼を頂き、本当に幅広い経験をされているアドバイザーをご提案してマッチングを進められるところが刺激的です。またPMの業務を通じて、今世の中でホットなテーマ、サービス、技術等を知れることもエキサイティングだなと感じています。

横山:前職では決まった製品の販売を担当していたということなので、そことは大きな違いってことですね。逆に苦労していることは?

小野澤:自分が知らなかった業界やサービスのことも当たり前に依頼されるので、1つ1つキャッチアップするのが大変だし、正直自分の知識の無さに愕然とすることもあります。…頑張って勉強中です!

横山:これからやってみたいことはありますか?

小野澤:せっかくベンチャーに来たので、なるべく多くのことに関わりたいと思っています!営業もそうだし、それ以外の既存サービス、今はまだ無い新しいことにも。


おのちゃんには引き続きPMとして活躍して頂きつつ、将来的には前職の経験を生かして営業にもチャレンジしてみたいとのことなので、ぜひ仕事の幅を広げるべく頑張って欲しいです!

おのちゃん紹介は以上です。
読者の1人として今後の連載も楽しみにしています!

Thank You!!
29
「世界中の知見をつなぐ」ビジネス領域のスキルシェアサービスを提供するビザスクは、創業から7年目。もうすぐ100人のチームになります。メンバーが、互いをよく知って同じVALUEに立ち返れるように。社外の皆さんに、もっと私たちを知ってもらうために。”ビザスクエア”を始めます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。